2007年08月13日

サブプライムローンとは

サブプライムローンとは、主にアメリカ合衆国における住宅ローンのうち、優良顧客(プライム層)向けではないローンを言う。(ウィキペディア サブプライムローン)
貸付審査基準が甘い、高金利である事が特徴。
サブプライム問題は、日本における消費者金融問題とよく似ている。

「サブプライムローンは、所得や信用力の低い人向けの消費者金融の一種で、自動車や住宅などを担保に年率20〜30%の高金利で貸し出すものです。米国では総世帯の約4割が年収2万5000ドル以下で、サブプライムの対象になるといわれ、市場が非常に大きいのは確かです。 」(FujiSankei Business http://www.business-i.jp/news/for-page/naruhodo/200707120005o.nwc )

サブプライムローンの問題点はその金利の設定方法にあるだろう。最初の数年間は低金利でよいが、数年後は通常よりも高金利での返済を迫られる。この手法は、「最初は少しずつ支払って、儲けるようになってから(あるいは地価が上がってから)返していけば良いですよ」という巧みな罠を仕掛ける事ができる。もっと言うと「金利が高くなってしまう頃には、金利の低いプライムローンに乗り換えればお得です」という甘言も可能だ。このシステムは地価・住宅価格の長期的な上昇や、好景気による所得の増加を前提としている。2005年ごろから米国では金利が上昇し、借り手は予想よりもより多くの金利で返済を迫られる事となり返済が不可能となるケースが多発したという。この程度の想定外でデフォルト率があがるだから、如何にサブプライムローンが薄氷の元で成り立っていたかが分かる。


サブプライムローンはその手軽さから、将来の値上がりを期待して高級リゾート地などに投資するという使われ方もされている。したがってその値上がり予測の破綻、いわば地価バブルがはじけるとこれらのローンが焦げ付く事になる。更にこのローン債権は証券化されて、機関投資家などが購入して資産運用に用いている。すなわちサブプライムローンの焦げ付きはこれらのファンドへの信用問題へと繋がる。株式市場などへの影響はこれらファンドへの信用問題からくる。今年の株式市場の低迷は格付け会社によってこれらのローンで資産運用しているファンドの格下げを行った事が影響している。更にこれからどれだけの損失が出るのかが不透明な事も懸念材料と言える。

ウィキペディア サブプライムローン
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%96%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3

大和総研/コラム:サブプライム問題の本質
http://www.dir.co.jp/publicity/column/070322.html

はてなダイアリー:サブプライムとは
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%a5%b5%a5%d6%a5%d7%a5%e9%a5%a4%a5%e0

サブプライムローン問題って何だろう?
http://www.sabuprime.com/

東洋経済オンライン サブプライムから始まった深刻なバブル破裂
http://www.toyokeizai.net/online/topics2/?kiji_no=25
posted by 柿03 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済

2007年08月06日

日本のエネルギー事情を考える

 ご存知の通り、日本のエネルギー事情はかなり悪い。エネルギーの基本となる石油、石炭、天然ガスは殆ど輸入に頼っている。19世紀は石炭の時代、20世紀は石油の時代と言われた。特に日本は石油を中東アジアに依存している。

-サウジアラビア 26.2%
-アラブ首長国連邦 25.0%
-イラン 15.0%
-カタール 9.0%


日本石油業界
-1.新日本石油
-2.出光興産
-3.新日鉱ホールディングス(ジャパンエナジー)
-4.東燃ゼネラル石油
-5.コスモ石油


日本の原油確保として重要視されているのがサハリン油田である。サハリン州(樺太)の海底油田の開発は90年代から進められてきたが、2006年現在進めらているサハリンプロジェクト、サハリン1、サハリン2はロシア政府の意向により中止になったり、また再開になったり、とひと悶着を起こしている。もしこのサハリン油田が日本へ輸出されたとすると、石油で6%、天然ガスで14%を確保できるとされる。

また、伊藤忠商事が中心となってアゼルバイジャンでの油田プロジェクトも進められている。

日本のエネルギー事情を管理・調整しているのは資源エネルギー庁であるようだ。

参考リンク
-経済産業省 資源エネルギー庁
-ウィキペディア サハリン2
-サハリン大陸棚石油・ガス開発と環境保全
posted by 柿03 at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済

2007年01月24日

FRB(連邦準備制度理事会)

 アメリカにおいて、日本でいう日銀の役割を果たすのは、FRB:連邦準備制度理事会である。

-http://ja.wikipedia.org/wiki/FRB

この理事会において年8回、FOMC:連邦公開市場委員会というものが開かれ、ここで公定歩合などが決定される。例えば現時点で次に行われる会合は1月30日である。

-米国FOMCの政策
-http://www.gaitame.com/market/fomc.html

2006年の公定歩合は5.50%→6.25%と逐次増加していった。これは市場の高騰をうみ、適度な所で下げてバブル崩壊を防ぐ(ソフトランディング)。
現時点で、アメリカの経済はおおむね好調で、今回・または次回のFOMCの決定は今後の経済市場に大きく影響されるものと思われる。
posted by 柿03 at 02:04| Comment(0) | TrackBack(1) | 経済