2008年01月19日

ガソリン税と暫定税率(道路特定財源2)

福田内閣のもとで揮発油税(ガソリン税)の暫定税率の期限切れに関する問題が話題になっている。

揮発油税は以前述べたように、期限付きの暫定税率で少々高く設定されており、その期限がこの平成20年3月までという事である。

まずその揮発油税のそもそもの法的根拠は「揮発油税法」にある。

総務省法令集:揮発油税法

そして話題の暫定税率は「租税特別措置法」にある。

総務省法令集:租税特別設置法
 第六章第三節の項。

法によれば、揮発油税法では1キロリットルあたり2万4300円であるが、暫定措置として4万8600円となっている。ほぼ2倍の違いである。
posted by 柿03 at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/9720106

この記事へのトラックバック