2007年09月16日

麻生×福田の総裁戦

 安倍前首相の突然の辞任によって自民党内が再びかつて無い慌しさを見せている。安倍退任の直後は当然彼とこの一年ともに戦ってきた麻生太郎が新しい総裁になるのでは、と言う観測が強かった。しかしこの事が災いしてか、対立候補の一本化が進み、津島派、古河派・山崎派などからは立候補者を擁立せず、町村派(旧森派といった方がわかり易いだろうか)から福田康夫氏が立候補し、一対一の直接対決となった。ここで各派閥の人数を示す(ウィキペディア 自由民主党の派閥より)

-町村派 80人
-津島派 67人
-古賀派 46人
-山崎派 39人
-伊吹派 25人
-二階派 16人
-麻生派 16人
-高村派 15人
-谷垣派 15人

 福田氏の属する町村派が80人であるのに対して、麻生派は16人であり、この情勢での麻生氏の劣勢は論を待たないであろう。特に第二派閥の津島派が福田氏支持、そして小泉元首相が福田氏指示を打ち出している事も重要である。無所属のいわゆる"小泉チルドレン"の動向に大きく影響するからである。

 打開策のひとつとしては、以前から言われている古賀派・麻生派(旧河野グループ)・谷垣派(宏池会加藤系)・古賀派(宏池会反加藤系)との「大宏池会構想」であるが、少数派の麻生派主導によるこの大連合を急に行うのは難しいと思われる。

 もうひとつ、この劣勢確実と言う状況を利用して、各地域の県連票の獲得に集中する事である。以前、橋本龍太郎と小泉純一郎が総裁選で対決した時に、小泉を総裁に押し上げる原動力になったのは、この県連代表票であった。麻生派はもともと人数が少ないので、派閥単位での投票先決定に対して批判を行うことが出来る。これらをけん制しつつ、劣勢確実と言う事で態度を決めかねている議員・県連代表の票を集めることが出来るのではないだろうか。
posted by 柿03 at 03:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5453937

この記事へのトラックバック