2007年08月31日

気になるニュース 『「イミダス」「知恵蔵」休刊へ ウェブ版として存続』

http://www.sankei.co.jp/shakai/wadai/070831/wdi070831001.htm

 毎年分厚い束で平積みされる「imidas(集英社)」と「知恵蔵(朝日新聞社)」が2007年版を持って休刊されるそうだ。現在では創刊時の10分の1しか売れていないというのだからそれも致し方ない。トップの「現代用語の基礎知識(自由国民社)」は存続するらしい。それにしても二誌とも歴史が古いと思っていたのだが、それでも20年ほどだというのは驚きだ。
 これら時事用語辞典系を追い込んだのはインターネットの普及以外にあるまい。浅くても曖昧でもいいから、できるだけ広く早く、これはインターネットが最も効果を発揮するところだ。「現代用語の基礎知識」にはてなキーワードを載せるようになったのもうなずける。
 ところでもうひとつの平積み雑誌「日本の論点(文芸春秋編)」の発行部数はどのような状態なのだろうか。
posted by 柿03 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5279375

この記事へのトラックバック