2007年01月28日

道路特定財源


意見:

道路特定財源は、その税収(ガソリン税等)の徴収のしやすさ、公平性、合理性等から本来必要な分よりも多く取れてしまうのではないかと思う(揮発油税は本則では24.3円/リットルであるのに対し、現在は暫定で50円程徴収している)。
そしてその多く取れた財源をどうにかして使わなければならないので(使わないと「こんなにいらないじゃないか」といわれてしまう)、さして必要かどうかわからない道路を作ってしまうのではなかろうか。「道路を作ってしまった事」に対して直接的なデメリットはあまり無いし、公共事業が増えるという直接的なメリットがかなり大きいので、これが長年続いてきたのではなかろうか。

これを鑑みて道路特定財源の問題点・特徴を挙げる。

-道路特定財源は特別会計のなかでも安定的な徴収が出来ている。
-地方自治体としての道路整備の歳入は未整備で、一般会計(つまりは地方交付税)か道路特定財源に頼るしかない。
-道路が必要かどうかのチェック機能が果たされているか不安。
posted by 柿03 at 19:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3187825

この記事へのトラックバック

高三で友達100人
Excerpt: 友達と恋人の違い(ヤルかどうか)について最近悩んでいます。もしよければ私のブログも見て頂けると嬉しいです。
Weblog: 乳首の取れた14歳-------s;0o
Tracked: 2007-01-29 01:17