2009年04月24日

USB - Linux に挑戦。

 最近USBにLinuxを入れられると聞いてそれにハマってます。
これなら、本体のデータを傷つけずにLinuxを体験することができます。

 しかしこないだまでは、USBにLinuxを入れると言う作業が少し面倒だったのですが、
Ubuntu 8.10からは[システム]->[システム管理]->[Create a USB startupdisk]というツールで一発で入れられます。
2GBぐらいのUSBフラッシュメモリがあればいいと思います。

 それにしても、数年前までは名前も聞かなかったLinuxディストリビューション、Ubuntu、CentOS、SuSEなど
大きく変わりましたね。VineLinuxなどや、TurboLinuxなんてもう昔の話になってるんですねぇ。

 やっぱりRedHatLinuxが無償じゃなくなったのが大きいんでしょう。そしてそれを補完すべく存在する
FedoraCoreが思った以上に不安定、そして果敢にせめている所で、多くのディストリビューションが台頭する機会があったのだろうと思います。

 とにもかくにもUSBにUbuntu Linuxを入れていろいろ試してみたいと思います。
posted by 柿03 at 03:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28651268

この記事へのトラックバック