2008年05月22日

気になるニュース『人柄や政策は動画サイトで/県議選告示の30日公開』

『人柄や政策は動画サイトで/県議選告示の30日公開』
http://www.okinawatimes.co.jp/day/200805221300_02.html

 沖縄県議会選挙が来る6月x日にあるが、YouTubeを通じで政治家たちへのインタビューを公開し、若い人を選挙へと向かわせようと試みている団体があるそうだ。企画を行っているのは、「県明るい選挙推進青年会 VOTE」というところだそうだ。

http://vote.ti-da.net/

 これまでにも多くの立候補者がネットを通じて自分たちの主張や意見を有権者に伝えようとしてきた。しかし現行の法律では、選挙期間中は定められる公報を除いて選挙活動をしてはならないという制約がある。インターネットのwebサイトやブログも例外ではない。立候補者は個の制約にとても歯がゆい思いを抱いている。
 VOTEでは、公開されるインタビューにおいて、直接選挙活動に当たる発言がある場合にはそこはカットしたり、撮りなおす事で前述の問題を回避するという。VOTEの目的は、ただともかく若者等々に政治に関心を持ってもらい、投票へ行く事で自分の意思を政治に反映してもらうことであるそうだ。

 とにかく、この先進的な試みは、近い将来にきっと「有権者へ直接問いかける事のできる選挙活動」の原点として位置づけられることを願いたい。
posted by 柿03 at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15167426

この記事へのトラックバック