2008年01月26日

『日経ネットワーク』2月号より パソコンのルータ化

 『日経ネットワーク』2月号の記事「何でもネットワーク実験室」より、今回のテーマは「NICを2枚挿したパソコンをルーターとして活用せよ!」だそうである。研究室にもNICが2枚挿されているパソコンが何台かあるが、未だルータとして活躍した事は無い。昔は結構やってたらしいけど、今は安いルータがお店に並んでいるのであえてなかなかやらないのだろう。

 しかも今回の記事はOSがWindowsと言う事である。普通この手の事をやる時はLinuxが主役になるはずだが、ここはあえてより多くの人に出来るように、と言う事でWindowsを選択したのだろう。この記事で興味を覚えたのはWindowsのルーティングテーブルの表示方法である。その方法は、コマンドプロンプトから

> route print

と打ち込むことで可能となる。

routeprint.JPG


図は実際にroute printコマンドを打ち込んだ例である。このマシンはVPNを組んでいるので、その分ちょっと複雑になっている。
この表はどうやってみたらいいのだろうか。優先順位が上からになっていたら、0.0.0.0/0なので、全てのアドレス先が一番上にヒットしてしまうが・・・。
 最近のノートPCだと、無線LANと有線LANポートの両方が付いていることが多いので、この場合のルーティングテーブルがどうなってるかも確認してみたい。例えば両方有効になってYahooやGoogleを見に行った時に、どうやってアクセスするのか?などこれでわかるかもしれない。

XPのルータ有効化

 また、WindowsXPの場合、IPルーティング設定が無効になっているらしく、レジストリを書き換えて有効にする必要があるらしい。それは以下の場所である。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\
Services\Tcpip\Parameters = 1

 これを設定した後、コマンドプロンプトで

> ipconfig /all

を打ったときに

IP Routing Enabled ..........:Yes

が出るそうである。まあレジストリの書き換えはちょっと恐いのでこれは差し控えておく。

 確かLinuxで同じような事をする時はカーネルコンパイルの時点で何処かのオプションにチェックを入れなければいけなかったような・・・それもそのうち探してみたい。
posted by 柿03 at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10060258

この記事へのトラックバック