2008年03月25日

気になるニュース『ドコモ携帯、基本ソフトの設計簡素化へ』

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20080322-OYT1T00820.htm

 ドコモの携帯のOSにLinuxを搭載して話題になったのもつい最近の話だと思ったが(あの頃のLinux携帯は重かった・・・)、もうひとつのOS「シンビアン」の両者で日本のケータイのOS市場を賄っていると思われる。しかし海外の携帯電話に比べて日本の"ケータイ"はあまりにも高機能である上、速度を追求するためにその機能をOSに組み込んでしまっている為に、世界標準からかけ離れた存在になってしまっているらしい。

 したがって今後ドコモのケータイは、Googleが開発したアンドロイドと呼ばれるOSに統一化し、iモード、iアプリ、お財布ケータイなどの付加機能はできるだけOSから離して設計するようにするらしい。・・・でもきっとその最初の世代は昔のZaurusみたいにもっさりもっさり動くんじゃないかなぁ?

 2008年3月11日の記事に書いたように、出荷シェア6位でサイバーショットやウォークマン携帯で名を馳せたSONYのキャリアがDoCoMoから撤退する事が決まっている。その背景には上記のような理由があるのであろう。やはり多大なコストを必要とするハードは、世界市場をにらんだ戦略を立てなければならない、というところだろうか。

関連記事:グーグルが携帯向け基盤技術発表、SDKを1週間以内にリリース
posted by 柿03 at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース