2008年03月22日

気になるニュース『「日切れ」現実味 生活混乱“政治不況”の懸念高まる」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080321-00000951-san-pol

 衆議院で与党の自民・公明両党、参議院で野党の民主党が過半数を取っているために、政府が提出する案がなかなか通らない「ねじれ国会」が続いている。自民党は衆議院の3ぶんの2条項が使えると言うものがまた曲者で、これを濫用すると政府が民意を反映せず強引に可決させていると言う印象を与えさせる効果があるので、野党民主党も気軽に・・・というのも変だが、かたくなな否決の態度を崩さない。

 今回のニュースは、話題となっている道路特定財源の暫定税率だけではなく、その他の延長税率に関しても野党が難色を示して、政治運営に支障をきたす恐れが出てきているらしい。

 ま、それはともかくとして、今回注目したのは「オフショア取引」というものである。自分の一方的なイメージで説明させてもらえば、借りるお金も外国のもの、運営先も外国の金融機関、という国内の市場を介さずに行う取引の事である。よく行われるのは、税金が無い・もしくは非常に低い水準である地域(タックス・ヘブン)において資産運営を行うものである。

 とりあえず自分の説明で正しいのかわからないのでウィキペディアの項目で確認してもらいたい。
kaki03ノート@さくら ガソリン税と暫定税率(道路特定財源2)

 きっとこの法律の中で探してみれば、それっぽいのがあるはず・・・と検索してみるとそれっぽいものがあった。

租税特別措置法 第七条(特別国際金融取引勘定において経理された預金等の利子の非課税)

 それにしてもオフショア取引に関しては利子を非課税にしてるってのは思い切ったことやってるんですね。それだけグローバル社会で円の影響を強くしないといけないってことでしょうか。

posted by 柿03 at 04:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治