2007年12月04日

Ruby/Tkの練習01

Rubyの勉強も兼ねてRuby/Tkをやってみました。実行OSはCentOS

> yum install ruby
> yum install ruby-tcltk

apt-getでも同じだと思います。RubyとTcl/Tk、そしてRubyのTkライブラリ(Tk.rb)を入れると出来ます。
次の記述がHelloWorld。

#!/usr/bin/ruby

require 'tk'

TkLabel.new(nil, 'text'=>'Hello! Ruby/Tk World!!').pack
TkButton.new(nil, 'text'=>'exit', 'command'=>proc{exit}).pack


 Tcl/Tkのパーツがそのまま使えるそうです。とは言えTcl/Tk自体やっていませんが・・・。ボタンやメニューなどのピースはwidget(ウィジェット)と言うらしいです。最近ではWebのJavaScriptガジェットの方が有名ですかね。

 ともかくTcl/Tkのwidgetが使えるのでそのガイドを見るとRubyでも使えます。

参考リンク:もっとTcl/Tk


 さて、上のTkButtonの記述、次のようにも書けます。

TkButton.new(nil){
text "exit"
command proc{exit}
pack
}


 なんかかなり構造が違うんですね・・・一番困るのはpackがひそかに中括弧に入ってる事。Tcl/Tkから見たらどっちが近いんでしょうか。
posted by 柿03 at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報

2007年12月02日

気になるニュース『コンタクト診療所で不正請求の疑い、110か所を監査へ』

 http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20071114-OYT8T00053.htm

 町の眼鏡屋さんの隣に眼科が並んでいる光景はいまや珍しくないでしょう。これは、コンタクトレンズを装着するためには眼科医の承諾が必要である、という事からその利便性のためにいわば「お抱えの眼科医」が出来てきた、という事が背景にあります。厚生労働省は、このいわゆる「コンタクト診療所」の質の低下を防ぐために、平成18年度にその診察料を大体半分にするように指示しました。その条件はコンタクト診察患者が70%を超える場合、というものです。
 これがいろいろな小細工をかけるもととなりました。例えばちょっとした症例を書いてコンタクト診察ではない、としたり、初診については保険が適用できる事を利用して初診でずっとやってみたり。これだけ抜け道があるのだから何処かで起こるのもうなずける話です。しかしこの省令にも疑問も残ります。コンタクトに違和感を感じてきた方はどうなるのか。本人も無自覚な症状を見逃してはしまわないか、などです。しかしこのシステムが現在の所ねじれている状態なのは間違いないのでここでひとつ大きく転換してもらう事を願います。
posted by 柿03 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2007年12月01日

気になるニュース『全駐労のスト』

全駐労が16年ぶりスト
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/071121/plc0711211910006-n1.htm

全駐労が終日スト 1300人参加「格差給」廃止に反発 佐世保市(西日本新聞)
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/local/nagasaki/20071201/20071201_002.shtml

全駐労って防衛省の労働組合だと思ってたら違うんですね。もしそうだとしたらスト(争議権)はできないもんですもんね。というか警察・自衛隊関係だと他のもだめなのかな?この米軍基地で働かれてる方々は半公務員という形なんでしょうか?交渉先も防衛省となっていますが。
posted by 柿03 at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース